内科

花粉症について

​花粉症とは

スギ、ヒノキ、ブタクサなどの花粉が原因となり、鼻粘膜で起こるアレルギー性鼻炎です。

Ⅰ型アレルギーに分類され、くしゃみ、鼻水、鼻閉などの諸症状が起こります。花粉によりピークの飛散時期が異なり、スギであれば、3~4月、ヒノキは3~5月、カモガヤは5~6月、ブタクサ、ヨモギは8~10月となります。

花粉症の治療​

花粉症の治療は、内服薬、点鼻薬、点眼薬などのお薬を組み合わせて治療しますが、飛散開始の2週間ほど前の早いタイミングから治療を開始することで、より症状を軽減しやすいということがわかっていますので、症状が強い方は早めの治療をお勧めしております。

お薬での治療以外でもセルフケアが重要となります。マスクやメガネによる予防も大事ですが、それ以外でも、ストレス、睡眠不足、喫煙、偏食などが花粉症を悪化させる要因として重要と考えられています。

京成小岩すまいるクリニック

泌尿器科 / 内科

東京都江戸川区北小岩2丁目7−4

ラナイプラザファーストステージ1F

各種クレジットカード・交通系ICカードによるお支払い可能

©2019 by 京成小岩すまいるクリニック

Built & Supported by "EQUATOR Web Consulting"